159b0da14fef154a0fb82b93eee70a1f_l

イギリスで人気のお土産チョコレート ~英国おすすめチョコ特集~ 【CHOCO LIFE】

『英国紳士はチョコレートがお好き? イギリスで人気のお土産チョコレート』

イギリスというと紅茶の国のイメージがありますが、
実はチョコレートが大好きな国でもあるってご存知でしたか?

街を歩けば、あちらこちらにショコラトリーの看板が……。
中には英国王室御用達のショコラトリーもあるんです。

それというのも、イギリスにはアフタヌーンティーの習慣があるから。
アフタヌーンティーにチョコレートは欠かせないものなんです。

ここでは、イギリスに行ったらぜひ購入したい、お土産にぴったりのチョコレートをご紹介します。

Charbonnel et Walker(シャルボネル エ ウォーカー)

「Charbonnel et Walker(シャルボネル エ ウォーカー)」はイギリスでも老舗のショコラトリーです。
可愛らしいパッケージには王冠の模様が箔押しされていますが、これは「英国王室御用達」を示す特別なマーク。
1875年の創業以来、ロイヤルファミリーを始めとしたイギリスの人々に愛されている証拠です。

「Charbonnel et Walker(シャルボネル エ ウォーカー)」のチョコレートはとにかく原材料にこだわって作られています。
南米や西アフリカの最高級カカオだけを使用し、一つ一つ丁寧に手作業で作られているのです。

「Charbonnel et Walker(シャルボネル エ ウォーカー)」で気になるのがイングリッシュローズとスミレのトリュフ。
花の香りをそのまま溶かし込んだような香りのクリームが、ダークチョコレートに包まれています。

「不思議の国のアリス」をモチーフにしたアイテムもたくさん取り扱っているので、アリスファンは必見です。

PRESTAT(プレスタ)

英国王室御用達のショコラトリーといえば「PRESTAT(プレスタ)」は外せません。
PRESTATのチョコレートが好きなセレブやロイヤルファミリーは多く、故ダイアナ妃も足しげく通った名店です。

そんなPRESTATが得意としているのはトリュフチョコレート。
イギリスのロンドンでしか買えない特別なトリュフもあるので、ロンドンを訪れた際は足を運んでみてください。

様々な種類のトリュフの中でも特にお土産に人気なのが「ピンクシャンパントリュフ」です。
シャンパンの爽やかな香りと苺の甘酸っぱい味わいが一粒に凝縮されています。
一度食べて虜になってしまう人も珍しくない逸品です。

もちろん、持ち運びに便利なチョコレートバーも取り扱っています。
値段も手ごろで、味も様々な種類があるので、たくさんの人に配るならこちらもおすすめです。

DSC_7896

【PRESTAT(プレスタ)】 英国王室御用達の高級チョコレート 【CHOCO LIFE】

MONTEZUMA’S (モンテズマズ)

弁護士が転身して(!)始めたという「MONTEZUMA’S」は、英国でも人気のオーガニックチョコレートのお店です。
使用するカカオはすべてフェアトレードのものにこだわり、チョコレートづくりで重要な工程は今も手作業で行っているとのこと。

「MONTEZUMA’S」でお土産にしたいのが、たくさんの種類があるチョコレートバー。

カカオの割合から産地、フレーバーまでとにかく種類が豊富です。
パッケージもおしゃれなので、自分用のお土産にも最適。

バラ撒き用にはミニバーをどうぞ。
一口サイズのチョコレートバーは価格も◎。

Melt (メルト)

英国情緒を感じさせるノッティングヒルの閑静な通りにあるのは「Melt」です。
様々なフレーバーのチョコレートを取り扱っているので、きっとお気に入りが見つかるでしょう。

中でも注目したいのが、子ども用のチョコレート。
可愛らしい動物のパッケージが目印です。

もちろん大人用もあります。
大人用のチョコレートバーには、チリやポップコーンといった面白いフレーバーもありますよ。

HOTEL CHOCOLAT (ホテル ショコラ)

英国でも有名なチョコレートチェーンが「HOTEL CHOCOLAT」です。
味はもちろんデザインにもこだわっており、数々の賞を受賞している実力派ショコラトリーです。

「HOTEL CHOCOLAT」でお土産を買うなら、「Selector range」は要チェック。
まとめ買いでちょっとだけ安くなるんです。

ショートブレッドやピーナツバターといったイギリスらしいフレーバーもあるので、
気になるフレーバーをチョイスしてみましょう。

Lick the Spoon (リック・ザ・スプーン)

とにかく芸術的なチョコレートが欲しい! というときに訪ねたいのが「Lick the Spoon(リック・ザ・スプーン)」です。

「Lick the Spoon」のチョコレートは一粒一粒に凝った装飾がされており、まるで宝石のよう。

トリュフやプラリネの他にも、
ミルクやお湯に溶かして楽しむホットチョコレートの素や、
飴のように舐めて楽しむチョコレート・ロリポップなども取り扱っています。

Cadbury(キャドバリー)

イギリスのチョコレートで忘れてはいけないのが「Cadbury(キャドバリー)」です。
なんと、この「Cadbury」、バレンタインデーにチョコレートを贈るきっかけを作ったメーカーなんです。
こちらのチョコレートは、ショコラトリーで買うというよりも、スーパーなどで大量に買うタイプのチョコレートになります。

「Cadbury」の魅力は、なんといってもコスパの良さ!
安いのに美味しいというお土産として理想的なチョコレートなんです。

創業以来長年にわたって英国王室の人々に愛されているチョコレートをお土産にしてみるのをも良いかもしれませんね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめチョコレート完全ガイド

チョコレートランキングサイト

ピックアップ記事

  1. 456
    【アンプレスィオン オーガニックチョコレート クレープダンテル】choconista8のいくみで…
  2. 13691118_532688846933715_3798497867313923483_o
    【GODIVA90周年限定のショコリキサー】こんにちは!CHOCONISTA8のいくみです。…
  3. 7b393619137590ef67d562615d5966e1_l
    甘くて美味しいだけじゃない! チョコレートの嬉しい効果普段何気なく食べているチョコレートです…

CHOCONISTA Instagram

facebook

PAGE TOP