サロン

ベルギーチョコの最高峰「neuhaus(ノイハウス)」 【CHOCO LIFE】

ベルギーチョコの最高峰「neuhaus(ノイハウス)」

ベルギー発祥のチョコレートブランドは数多くありますが、「neuhaus(ノイハウス)」はご存知でしょうか?

neuhaus(ノイハウス)は本場ベルギーでも人気の高い老舗チョコレートブランドです。
もちろんベルギー王室御用達。

neuhaus(ノイハウス)のチョコレートといえば、プラリネがその代表です。

非常に種類が豊富で、様々なフレーバーがあります。

見た目がおしゃれなのも大きなポイント。
それだけでなく、味ももちろん一級品です。

甘いけれど甘すぎず、濃厚でもしつこくなく、1粒で十分な満足感を感じることができるのは、neuhaus(ノイハウス)のチョコレートだからこそ。

斬新さは無いけれど、どこか安心する優しい味わいで、オーソドックスだからこそ食べる人を選ばないところがneuhaus(ノイハウス)の大きな魅力です。

neuhaus(ノイハウス)のチョコレートは、カカオ由来の油脂以外はいっさい使わずに職人の手によって1粒ずつ作られています。

「king of chocolate」と言っても過言ではないのが、neuhaus(ノイハウス)のチョコレートなのです。

neuhaus(ノイハウス)の歴史

neuhaus(ノイハウス)の創業は1857年。
開業当時からショコラトリーというわけではなく、当時は薬とチョコレートを売るお店だったそうです。

今でこそチョコレートはお菓子ですが、昔は立派な薬でした。

チョコレート発祥の地である南米では、滋養強壮などの薬としてチョコレートを飲んでいたのです。

それを考えれば薬剤師さんがチョコレートを売るのも、不思議ではありません。

その後1915年に箱に入れて販売するタイプのチョコレートが考案されます。
私たちの良く知っているチョコレートの登場です。

それから今に至るまで、neuhaus(ノイハウス)は伝統とこだわりを大切にしたチョコレートを作り続けています。

neuhaus(ノイハウス)とプラリネ

最近ではどこのショコラトリーでも作っているプラリネですが、実はneuhaus(ノイハウス)がプラリネの元祖です。

neuhaus(ノイハウス)三代目のジャン・ノイハウスが考案したものだと言われています。

現在日本にneuhaus(ノイハウス)の直営店は無いため、なかなか口にする機会が少ないのが残念なところ。

もしneuhaus(ノイハウス)のチョコレートを見かけたら、その時はぜひこだわりのチョコレートを試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
元は薬屋さんだったというチョコレートブランド「neuhaus(ノイハウス)」。

ゴージャスな見た目と、伝統とこだわりが詰まった万人に好まれる味わいは、他のブランドには無いneuhaus(ノイハウス)ならではの魅力です。

ぜひ一度neuhaus(ノイハウス)のプラリネを味わってみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめチョコレート完全ガイド

チョコレートランキングサイト

ピックアップ記事

  1. 2
    ベルギーの有名なショコラティエ ドミニク・ペルソーヌは、これまでのベルギーショコラからは考えられない…
  2. 7b393619137590ef67d562615d5966e1_l
    甘くて美味しいだけじゃない! チョコレートの嬉しい効果普段何気なく食べているチョコレートです…
  3. 18494ce89d392cd638816b3b47fcd6c3_l
    ヘルシーで美味しいグラノーラ チョコをプラスしてもっとヘルシーに!女性タレントや海外のセレブが朝…

CHOCONISTA Instagram

facebook

PAGE TOP